「幾松」2014.3.21

Sさんに、小さい頃どんな遊びをしました?と訊ねると

 

「チャンバラごっこが好きでね」

 

「鞍馬天狗とかですか?」

 

「いや、桂小五郎。弟を桂小五郎にするの」

 

「じゃあSさんは誰になるんですか?」

 

「芸者の幾松。ふふふ」

 

美男美女を姉弟で演じていたのよ、と

 

いたずらっぽく笑うSさんでした。
 


「なんだ坂こんな坂」2014.3.19

 Nさんは瀬戸内の島育ちで私の両親と同郷です。

 

「昔は汽車が走っていたそうですね」

 

「そう。戦後廃線になってバスだけになったの。

 

あなたも乗ったことがあるの?」

 

 

次にお会いしたときNさんは笑顔で近づいてこられ

 

「家に帰ってから思い出したのだけど、

 

上り坂がきつくなると速度が落ちて止まりそうになって、

 

男の子たちは飛び下りて後ろから汽車を押して

 

坂の頂上でまた飛び乗ったのよ」

 

と教えてくださいました。


「菜の花風呂」2014.3.17

 菜の花を飾った”お楽しみ風呂”に入ってこられたIさんは

 

高齢のため目も耳も相当遠くなっています。

 

「菜の花を飾ってあるんですよ」

 

「ああ、そうなの」

 

「菜の花の歌を知っていますか?」

 

「え?なに?」

 

「♪菜の花畑に〜♫」

 

するとIさんが一緒に歌い出されました。

 

「♪入り日うすれ〜見渡す山の端かすみ深し♫」

 

間違えずに最後まで歌ったあと

 

「なつかしいね。80年ぶりに歌ったよ」

 

そのあとも湯船の中でずっとひとりで

 

「♪菜の花畑に〜♫」と歌っておられました。
 


「オクラホマミキサー」2014.3.14

Hさんはお元気なのですが認知症状があるので、

 

転倒防止のためにスタッフと両手をつないで歩きます。

 

「ひとりで歩けるのにどうして両手をつなぐのかしら」

 

と少し不満顔。

 

「でも、これってフォークダンスみたいじゃないですか?

 

小学校の時やりませんでした?オクラホマミキサー。♪タンタラッタラッタラン〜♪」と歌うと

 

なんと!笑いながらスキップをしてくださって、

 

「フォークダンスのことなんてすっかり忘れてたわ。楽しいことを思い出させてくれてありがとう」

 

と言ってくださいました。
 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage