「みっちゃんみちみち」 120327

〜 認知症フロアでのミニ回想法  


入居者:Aさん・Oさん・Yさん・Kさん スタッフ:あべ・こば・たか
 

あべ 「大阪名物といえば、たこやきですね」

Oさん「たこやき大好き。ソースがきらいだから醤油をかけるの」

こば 「和歌山は梅干しが名産です」

Aさん「梅干しはお弁当に必ず入れました」

Oさん「そうそう」

Yさん「ご飯がいたまないようにね」

たか 「長崎はカステラが有名です」

Yさん「カステラってどんなものだった?」

Oさん「甘くてフワフワしてるのよ」

Aさん「お弁当箱に必ず入れてね」

Oさん「厚く切らないとダメなのよ。柔らかいから」

Aさん「ご飯がいたまないように入れるの」

Yさん「うちは農家だったから仕事がいっぱいあって、忙しい時は学校にも

   行かせてもらえなくて、おとうさんに叱られてばかりだった」

Oさん「まあ、かわいそうに。でもがんばったのね。えらいえらい」

Yさん「9才のときからお屋敷奉公に行かされて、はたちで嫁に行くまでずっと

   朝から晩までペコペコ頭を下げてばかりだった。

   父親が飲んべえだったから私(の給金)が飲まれちゃったんだね。

   学校に行けなかったから、いまだに読み書きは苦手なのよ」

Oさん「小さい頃は みっちゃんと呼ばれてたけど、男の子に

   ♪みっちゃんみちみちクソたれて〜と、からかわれて腹がたったから

   なぐりつけてやったら、かわいい顔してるけど強いね、と言われちゃった」

Kさん「うわっはっはっ!」(無口な男性)
 

Oさんはその夜、興奮状態で、少々ワーカーさんを手こずらせたそうです。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage