「なつかしい遊び」 120403

〜 認知症フロアでのミニ回想法◆ 

入居者:Aさん・Oさん・Yさん・Hさん・Sさん・Tさん・Kさん 
 

お手玉を皆さんに見せると「まあ、なつかしい!」
さっそく手に取られます。

Oさんが鮮やかな手つきでお手玉を投げられるので全員拍手!

男性のKさんも「女きょうだいがいたのでお手玉もやったよ」

Yさん 「お手玉の中身は小豆だね」

Aさん 「ふるいにかけたアラ砂も入れたよ」

Hさん 「畑の周りに生えている ずずご(じゅず玉)を入れた」

Sさん 「北海道では大豆を入れるの」
 

Tさんは高齢のため、まぶたが開けられませんが、

「家のとなりがお宮さん(神社)で、
手水鉢に落ちている花や木の実を拾って遊んだ」
という鮮やかな情景を語ってくれました。

 

前回の参加者は4名で、楽しそうにずっと喋っていたOさんが

今日は参加者が多かったせいか、不機嫌そうにうつむいていることが多く

次回はまた少人数で様子を見てみようということになりました。


 


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage