その158 「円盤」

公園にある球体の遊具で

ぐるぐる回るやつを『円盤』と呼んでいた。

 

考えてみればまったく円盤ではないのだが

『空飛ぶ円盤』というのが流行っていて

中には宇宙人が乗っているはずだったので

同じようなものだと認識していたのだろう。

 

ジャングルジムのように鉄の棒で組んであるのだが

一カ所が入口のようになっていて

中には座れるように板が敷いてある。

 

ままごとをする時には『家』になり

中でお菓子を食べたりすることもあった。

 

もちろんぐるぐる回して遊ぶ物であるが

中に乗っている子と 外で回す役とがあって

外側で棒を掴んでぐるぐる走って勢いが付いたら

足を地面から離して側面にぶら下がる。

 

そのまま惰性で回り続けて自然に止まるのを待つ。

止まりかけては追加して回すこともある。

 

ぐるぐる回ったあとは

吐きそうなほど胸が悪くなるのだが

どうしてあれを楽しいと思っていたのか

今になっては謎である。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage