その70 「蚊帳」

祖父の家は天井が無くて

寝ころぶと屋根の丸太や梁が見えた。

 

ちょっとくらいの雨なら入ってこない構造の天窓は

ヒモを引くと閉まるようになっていたが、

かいちゃんが行くのは夏なのでいつも開いていた。

 

障子のはまった窓にも網戸などなかったので、

ほとんど一日中、蚊取り線香を焚いていて、

夜には大きな蚊帳を吊った。

 

祖父母とかいちゃんと いとこ二人と、

5人が入っても狭苦しくない大きな蚊帳だった。

 

蚊帳は日向(ひなた)のような埃っぽい匂いで、

そこに蚊取り線香の匂いが混ざるので

けっこう息苦しい。

 

梁からぶら下がった電灯が蚊帳の影を布団の上に落とし、

蚊帳が揺れると影も大きく揺れて、

行ったことはないが海の底にいるような気分だと

いつもそう思いながら眠った。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage