その121 「ムニエル」

鯖の切り身を蒸し器で蒸して

レモン汁とマヨネーズをかけたものを

母は『ムニエル』と呼んでいた。

 

小ぶりの鯖を三枚におろしてふたつに切る。

身の真ん中に細かい骨があるのを

大きな毛抜きで丁寧に1本ずつ抜く。

 

塩コショウをしてレモンの輪切りを乗せ

湯気の上がった蒸し器で蒸す。

 

冷めてから マヨネーズをレモン汁でのばしたものをかけて

上品に盛り付ける。

 

母にしては珍しく洋風な料理であった。

 

『ムニエル』というのは魚に塩コショウをして

小麦粉をまぶして焼くのだと知ったのは

ずいぶんたってからである。

 

”魚に塩コショウ” というところだけしか

合っていないではないか、と思ったが

今でも母の前ではこの料理を

『鯖のムニエル』と呼んでいる。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage