「タマゴは貴重品!」 120417

〜 認知症フロアでのミニ回想法ぁ 

入居者:Yさん・Oさん・Aさん・Kさん 

 

あべ 「小さい頃のおやつは何でした?」

Yさん「おやつなんて無かったね。芋のふかしたのがあったぐらい」

Oさん「おやつは野菜。芋とか、豆の炒ったのとか」

Aさん「食べたかったら自分で作れと言われてね。

   ほうろくで豆やとうもろこしを炒りました」

Oさん「母の作ってくれた焼きもちが一番好きだった」

Aさん「食べたかったら自分で作れと言われたからね。

   粉を水で溶いてフライパンで焼きました」

あべ 「タマゴは入れないんですか?」

Yさん「タマゴなんて貴重品だから入れないよ!」
  そうよ、そうよ! と全員がYさんに同意。

Kさん「病気の時だけ、タマゴを食べさせてもらえるの」
  そうね、そうね! と全員がKさんに同意。
  そのあと、Yさんがポツリと

Yさん「病気になる前に食べさせてくれてたら、病気にならないで済んだのにね」
 

Yさんはこの日、体調が優れなかったのに

「どうしてもお話の会に出たい!」と 参加してくださいました。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage