その71 「厠(かわや)」

祖父母は海沿いの古い百姓家を借りて住んでいた。

 

玄関は無くて引き戸を開けるとすぐ土間で、

土間から50センチほどの高さに

板張りの台所と畳敷きの部屋があった。

 

部屋と部屋の境は障子を立てられるようになっていたが

夏は風通しが良いように全部 取っ払っていたので、

柱の位置だけが部屋の区切りを示していた。

 

お便所のことを祖父は『厠』と言っていたが、

お風呂と共に当然のように家の外にあって、

「トイレ」でもなく「便所」でもなく

まさに『厠』という語感がぴったりであった。

 

田舎ではあるが家の前に島を巡る道路が通っていたので

夜も街灯や月明りで明るく、

あまり怖いと思ったことはない。

 

ただ厠の中にはコオロギに似た虫がいて、

ぴょんと飛びついてきたりするのが うっとおしかった。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage