その122 「町内映画会」

お盆の頃だったと思うが、

集会所横の空き地で 映画会をする日があった。

 

いつも走り回って遊んでいる空き地に

白い大きな幕が張られる。

杭を特別に立てていたのか

電信柱を利用していたのかは定かでない。

 

幕の前の地面にはどこかから集められた

ゴザが敷きつめられる。

 

かいちゃんたち子供は なんとなくそわそわして

映画の始まるのを待っているのだが

「暗くならんと映らへんねんで。一回、帰り」と

町内会のおじさんに追い払われる。

 

夕飯を済まして、ずいぶん暗くなった頃

うちわと蚊取り線香を持って姉たちと出かける。

 

心待ちにしていた割に映画はたいして面白くなく

ゴザに座っているとお尻も足も痛くなって

ともだちを見つけてはそのへんを走り回っていた。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage