2013.1.4 最期に「ありがとう」

大晦日に神戸の夫の実家に息子や孫たちが集まった。

日頃は寝たきりの父と介護する母の二人だけの家が賑やかになる。

言葉は出ないものの皆の顔を見てうなづく父。

かろうじて食事は補助テーブルを使って端座位で取れる。
 

紅白歌合戦が始まる頃、父の様子がおかしくなった。

呼びかけても反応がなく苦しそうに肩で息をしている。

24時間対応の訪問看護師がすぐに来てくれた。

「救急車を呼びますか?それとも家で看取りますか?」

”家で死にたい”と言っていた父の意志を汲んで

「最後まで家で」と家族全員が決意した。酸素吸入と点滴をしてもらい、交替で痰の吸引をした。

正月なのに看護師さんが朝夕来て点滴や吸引をしてくれた。
 

1月4日の昼11時頃から呼吸が途切れだした。

「がんばって!」と繰り返す母に

「楽しかった思い出を話してあげてください」と助言した。
 

結婚したときのことは?

「お見合いだったね。結婚式まで3回しか会わんかったね」
 

新婚旅行は?

「熱海に行ってお土産に”こけし”を買おうとしたら『そんなもの要らないやろ』って。

でもどうしても欲しかったから買って、今も置いてあるのよ」
 

子供が生まれたときは?

「仕事が忙しくて家にいないことが多かったけど、とても喜んだね」
 

旅行にもよく行きましたね?

「いろんなとこに行ったけど、カナダが一番よかったって言ってたね。

沖縄にも何度も行ったし、毎年かかさず家族全員で旅行したよね」
 

家でゆっくりするのも好きでしたね?

「『お正月を家でするのもいいんやないか?』と言ってたけど今年は思うとおりになったね」
 

ずっと父の耳元で思い出を語っていた母の口から

「今まで本当にありがとう。楽しいことばっかりやったね。

子供も孫も賢くて優しい子ばっかりやから、あとは何にも心配いらんよ」横にいた40歳過ぎの弟も

「三熊山に登ったとき”疲れた”って言うたらおんぶしてくれたの憶えてるで」

閉じていた父の目が開き、皆の顔をゆっくりと見回しだした。

前夜に横浜に帰っていた長男である夫を携帯で呼び出し、父の耳にあてた。

「おやじ、聞こえるか?孝蔵やで。ありがとうな」

そのあと2回深く息をして、父は呼吸を止めた。

12時18分。
 

夫の携帯電話には12時16分の通話記録が残っている。


関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    お問い合わせ

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    manage