「朝、冷たい水で」 如月小春

26才、独身、郷里を離れて都会でひとり暮らし、

会社でも目立たないヨシダ君の部屋に突然、家族が現れる。

父、母、兄夫婦、甥と姪。さらには仲人と見合い相手。

見たことがないばかりか、母は男で小学生の姪は20才くらい。

困惑し、当然のことながらやがて怒り出すヨシダ君。

実はこの疑似家族はヨシダ君を戦場へ派遣するための

心優しいボランティアの人たちなのであった。

 

2000年に如月小春さんが亡くなって20年。

こういう戯曲を書いてらしたんだなあと、

あらためて早世されたことが惜しまれます。

 

JUGEMテーマ:読書感想文



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage