「忘れられた日本人」 宮本常一

長田育恵さんの戯曲「地を渡る船」の主人公、

民俗学者・宮本常一さんの著作。
馬喰の語る言葉をそのまま書き取った『土佐源氏』や
フィールドワークで歩いた村の様子を日記のように
書き留めた文章は民俗学というより昔話。
むしろ、忘れられた日本人の生活は
遠い異国の物語のようですらある。

JUGEMテーマ:読書感想文



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage