「漱石の恋」「夢、ハムレットの」 福田善之

「漱石の恋」

幼少の頃、里子に出された漱石は9才で実家に戻るが、

長じたあと養父からの金の無心は死ぬまで続いたという。

養母の娘と兄嫁への思いは騎士ランスロットの

アーサー王とギニヴィアとシャロットの女との関係に重なる。

 

「夢、ハムレットの」

焼跡の芝居小屋に復員兵が帰って来る。

空襲で夫を亡くした母親は叔父の妻になっていて、

折しも芝居小屋ではハムレットの稽古が始まっている。

 

福田善之さんの戯曲って好きだ。

物語と現実が二重写しになるのは、

地球上の水がぐるぐると空と海を巡っているからだ。

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage