「淋しいおさかな」 別役実

夢の中で淋しいおさかなに出会う女の子が海を目指して旅に出る。

淋しいというのがどういうことか、誰も本当のところを知らない。

ようやくたどり着いた海にはおさかなはもういなくなっていて

ぽろぽろと涙をこぼす女の子に海は言う。

「淋しいというのはそういうことなのさ」

 

別役さんの童話はいつも優しい。

優しさは悲しさの忘れ形見だ。

淋しさを知った女の子は無敵の優しさを手に入れる。

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage