その185 「おじや」

風邪をひいて寝こんだときは

母が『おじや』を作ってくれる。

 

薄いだし汁で大根と人参を煮て

冷やご飯を入れてことこと煮て

最後に 溶いた卵を入れて蓋をする。

 

大根も人参もあまり好きではないが

おじやに入っているのは ごく小さいし

玉子はとろとろなので

のどが痛くてもするすると食べられる。

 

おじやを食べると体も温かくなって

幸せな気分になるので

一気に治ってしまう気がする。

 

熱がある間は何も食べる気がしないので

おじやを食べる時点ですでに

治りかけているとも思われる。

 

もっと病状の重いときは「白かゆ」で

これは冷やご飯からではなく

米から炊いてくれていたように思う。

 

白かゆに梅干しを乗せて食べるのも

お米の甘さがじんわり分かって

かいちゃんは好きだった。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage