その110 「おばん」

淡路島の祖父母は 『おんじゃん おばん』と呼ばれていた。

 

母は5人きょうだいの長女だったが

実母は二十歳(はたち)前に亡くなっていて

おばんは5人の子持ちのおんじゃんのところに

嫁に来たのであった。

 

これはまったく公然の話であって

かいちゃんも 従兄弟(いとこ)たちも全員が知っていた。

 

母たちは 「お母さん」と呼んだことはなく

「おばさん」がいつの間にか「おばん」になったらしい。

孫たちは ”おばあちゃん” と呼んでいた。

 

おばんもやはり再婚だったが 子供はなく

5人の子供を 当たり前のように育てて

孫たちの面倒も当たり前のように見ていた。

 

かいちゃんも 従兄弟たちも

そういうものなのだと思っていたし

おんじゃんが亡くなったあとも

おばんは死ぬまで 孫たちの”おばあちゃん”だった。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage