その68 「ツメタガイ」

祖父の家の前の浜は海水浴場でもなんでもなく、

小石や貝がらがコロコロ転がっている狭い砂浜だった。

 

かいちゃんは毎年、貝がらを熱心に拾った。

夏休みの宿題にするのである。

 

お菓子の箱に脱脂綿を敷いて貝がらを並べ、

百科事典で調べた名前を紙に書いて横に貼る。

これで貝がら標本の出来上がりである。

 

名前を調べるのがちょっと面倒だが、

浜に打ち上げられている貝がらは

ほとんどが『ツメタガイ』という貝であった。

 

『ツメタガイ』は名前の通り冷たい貝がらである。

12個ほどの標本の半分は ツメタガイで

あとは『いそもん(ニナ貝)』とか桜貝だった。

 

全く手抜きな標本であるが、小学校高学年になって

それすら面倒になった かいちゃんは

外箱と名前の紙だけを取り換えて提出していた。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage