その61 「ハイラズ」

台所にはいつも”ふかし芋”が置いてあった。

 

ちょっと小腹がすいたときに食べる用で、

細くて小さい芋をふかして塩をふってあった。

 

ふきんが掛けてあることもあったが、

傘のように開いてかぶせる網のようなものもあった。

母は蠅帳(はいちょう)と呼んでいた。

 

隣の家の赤ちゃんが昼寝をするときにも

これの大きなのが被せてあり、

「ふかし芋も赤ちゃんも一緒だな」と

かいちゃんは思った。

 

祖父母の部屋には網戸の付いた箱があって、

これもちょっと食べ物を入れておくものだったが、

蠅入らず(ハエイラズ)が縮んで『ハイラズ』と呼ばれていた。

 

食べ物を入れるのに ”入らず”とは妙な名前だと

かいちゃんは少し不思議だった。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage