その60 「水屋(みずや)」

食器棚のことを母は「水屋」と呼んでいた。

 

姉が二人いたせいか

かいちゃんはあまりお手伝いをしなかった。

食器を出したり片づけたりもしなかったので

水屋に関する記憶も食器に関する記憶も曖昧である。

 

ひとつだけ はっきり憶えているのは

水屋の一番下に粉ジュースが入れてあったことだ。

 

白っぽい缶にみかんの絵が描いてあったと思う。

蓋を開けると中に透明な袋が入っていて

その中にオレンジ色の粉が入っている。

 

この粉をガラスのコップに入れて水で溶かす。

色はオレンジ色だが

ただ甘いだけで柑橘系の爽やかさはなかった。

 

それでもお風呂屋さんから帰って来たときや

夏の夜などはこれを飲むのが楽しみだった。

 

スプーンでぐるぐるかき混ぜると

粉が回りながら溶けてゆくのを

いつもじっと眺めていたものだ。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage