その55 「羅宇(らう)そうじ」

キセルを掃除するためにはまずチラシの紙を用意する。

汚れないように下にも広げるが、これでコヨリを作るのである。

 

新聞に挟まっているチラシはたいてい1色刷りで

赤か青のインクで、ざらざらした紙に片面刷りだった。

 

まずキセルの吸い口と雁首と管の部分をバラす。

この管の部分を羅宇(らう)というのはごく最近知った。

 

吸い口と雁首は短いコヨリを使い、

羅宇には長いコヨリを通してヤニを取る。

 

太すぎても細すぎても羅宇には通らないから

適度な紙質のチラシを選んでコヨリをヨル技術が必要なのだと

キセルそうじの好きな姉が胸を張った。

 

かいちゃんはコヨリがうまくヨレなかったし

イヤな匂いがするので 少しもやりたいとは思わなかった。

 

片方から入れたコヨリが もう片方から頭を出し、

引っ張るとスルスルとヤニだらけのコヨリが出てくるのは

手品のようで面白いと いつも眺めているだけだった。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage