その202「冷ややっこと醤油」

朝食は「朝ごはん」、夕食は「晩ごはん」と言い、

昼食は単に「お昼」と言っていた。

 

冷ややっこはお昼によく食べたように思う。

夕飯のときはネギと削り節としょうがが乗せられ

小鉢にちょこんと入ってお膳の脇に控えていたが

お昼には主菜として でかい顔をしていた。

 

かいちゃんはネギが嫌いだったし

お豆腐には何も乗せずにお醤油だけかけるのが好きだった。

 

母が買ってくるのはいつも木綿豆腐で

「木綿のほうが栄養があるねん」と言っていたが

同じ値段で 木綿は絹こしの倍の大きさだったから

そのせいではないかと かいちゃんは推測していた。

 

豆腐はまずスプーンの背でよくつぶす。

そのあと醤油をかけてぐちゃぐちゃと混ぜるのだが

醤油をどれくらいかけるかが難しい。

 

どれくらいかければいい?と母に訊ねると

「そんなん適当や」と答えるのだが

適当という量が分からないから訊いているのである。

 

ちょびっとずつ醤油をかけて味を調整していると

遊んでいるように見えるのか

「そんなふうに つぶして食べたらお行儀が悪い」と

今さらなことを言う。

 

冷ややっこをつぶそうがつぶすまいが

適当な醤油の量というのが難しいのだ、と

かいちゃんは聞こえないふりをした。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage