その72 「風呂桶」

祖父母の家ではお手伝いなど全くしなかったから

お風呂がどうやって沸かされていたのか分からない。

 

たぶん祖父が井戸水を汲んで

祖母が薪を燃やしてくれていたのだろう。

子供とはいえ怠け者の かいちゃんであった。

 

風呂桶は木で出来ていて丸くて深い円筒形だった。

納屋の横にあって2方が板で囲ってあるだけだから

人が訪ねて来ると 入っているのが丸見えである。

 

洗い場というほどのものは無くて

板が二枚並べてあるだけだったように思う。

 

あまり憶えていないのは 夏だったから

ほとんど水浴びで済ましていたのかもしれない。

 

納屋から伸びた軒が屋根替わりだったので

雨が降ると体に当たってぴちゃぴちゃ冷たかったことと、

陽に焼けた皮膚にお湯がひどく熱く感じられて

早々に湯から飛び出したことは憶えている。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage