その161 「すべり台」

とても悲しくて怖かったことなので

今でもはっきりと覚えているのだが

ペンダントを首にかけていた男の子が

すべり台で遊んでいて亡くなってしまった。

どこか遠いところの子だったと思う。

 

なまじ、しっかりした紐だったので

ひっかかっても切れてしまわなかったらしい。

 

新聞やテレビで大騒ぎになり

学校でも先生から注意を受けた。

 

その時ペンダントを持っていたのか

持っていなかったのかは定かではないのだが

母が血相を変えて かいちゃんの宝物をチェックし

かいちゃんも恐ろしくて

『ペンダントなんていらない』と強く思った。

 

しばらくは すべり台で遊ぶのも恐ろしかったが

そのうちになんとなく ほとぼりは冷めていった。

 

かいちゃんたちはまた すべり台で遊び始めたが

危険なものを身に着けていないかどうかを

互いに確認するようになった。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage