「サド侯爵夫人」 三島由紀夫

牢に入れられた夫を二十年間待ち続けるサド侯爵夫人ルネ。

母との対立、妹への嫉妬、情愛、策謀、悲哀の中で

無垢と怪物性を持つ夫と自分を重ね合わせて行く。

ついにサド侯爵が牢を出る時、ルネは別れを決意する。

 

六人の女性の対立から浮かび上がるサド侯爵の肖像。

まるで編み物のように一本の糸から作られたタペストリーのようだ。

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 


「淋しいおさかな」 別役実

夢の中で淋しいおさかなに出会う女の子が海を目指して旅に出る。

淋しいというのがどういうことか、誰も本当のところを知らない。

ようやくたどり着いた海にはおさかなはもういなくなっていて

ぽろぽろと涙をこぼす女の子に海は言う。

「淋しいというのはそういうことなのさ」

 

別役さんの童話はいつも優しい。

優しさは悲しさの忘れ形見だ。

淋しさを知った女の子は無敵の優しさを手に入れる。

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 

 


「真田風雲録」 福田善之

関ヶ原で生きる糧と意味を失った者たちは

大坂の陣で豊臣のもとに集まる。

真田幸村と世にいう十勇士、猿飛佐助、霧隠才蔵、などなど。

んぱ んぱ んぱ ずんぱぱッ と鬨の声をあげて

冬の陣、夏の陣へと突き進んでゆくのだ。

 

「おじさんおとなだろ。おとなは責任あるよ」

「どうして好きになれるよ。え? 心の中を見すかしてしまうようなやつを」

かんたんな言葉で演劇は真実を言いあてる。

どんな時代に書かれたものでも、どんな時代を描こうとも

ただしい戯曲はいつも新しい。

 

JUGEMテーマ:読書感想文


「台詞の風景」 別役実

名作戯曲の台詞が引用されていて、それを別役さんが解析する。

その数52篇と自作品28篇。

これはもう戯曲の台詞の宝石箱と言うしかない。

 

別役さんの戯曲はひとつひとつの言葉が色とりどりの小石のようで

白いお皿の上にザラッとぶちまけたように見えるのだけれど、

実際は目に見えないほどの細い糸で順番につながっていて

ひとつをつまみあげると全部が必然的に並べられていることが分かるのだ。

 

JUGEMテーマ:読書感想文


「戯曲 ガリレオ」 ベルトルト・ブレヒト

ガリレイは地球が動くことを証明しようとする。

ガリレイは人類の敵だと糾弾される。

美食家のガリレイは富と命のために科学を裏切る。

それでもガリレイは地球が動いていることを知っている。

 

チャールズ・ロートンの協力による「ガリレイの生涯」英語版。

神と科学は本来、対立するものではない。

新しい時代が開けることにより既得権を失う権力者が

真理を否定しようとする。

闘争、葛藤、焦燥、嘆き。ブレヒトはそんな台詞は書かない。

淡々と物事が進んで行く中に人の思いは沈んでいる。


映画 「赤い靴」 監督・脚本 マイケル・パウエル

アンデルセン童話「赤い靴」を原作にした映画。

 

バレエ「赤い靴」の主演で成功を収めた新人バレリーナが

ひたすら踊り続けた果てに悲劇を迎える物語。

 

ログラインは原作と全く同じと言っていいほどなのに

ストーリー、キャラクターのふくらませ方が絶妙で、

シンプルな童話の脚色でここまで素晴らしい映画ができるのかと

あっけにとられてしまった。

 

JUGEMテーマ:読書感想文


「ハムレットクローン」 川村毅

この戯曲のあらすじを書くなんて無理だわ。

 

ハムレットの登場人物は出てくるのだけれど

散弾銃のように打ち出される言葉と思想とアイロニーの隙間を

突撃しているのだか逃走しているのだか分からない。

舞台をみれば理解できるのかもしれないけど私の力不足です。

 

JUGEMテーマ:読書感想文

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

お問い合わせ

search this site.

others

mobile

qrcode

manage